タブリーズ

サファヴィー朝の最初の首都であった歴史的な町タブリーズは、現在イランで6番目に人口の多い町です。テヘランの600km西に位置し、今日では東アゼルバイジャン州の州都になっています。イラン国内のどの都市よりも、絨毯作りの中心として長い歴史を持つと言われます。

タブリーズは伝統的な織り職人の町で、今日ここで作られる絨毯には、現存する最高水準の技術が使われています。絨毯作りは大規模で、その品質はバザールなどで手に入る一般的なものから、1平方メートルあたり100万ノットを超えるノット密度を持つ特別な高級品まで様々です。このような高級絨毯には、完成までに1年以上がかかります。

タブリーズ産絨毯のデザインのレパートリーは最も多様で、古典的なメダリオンや見事な総柄のデザインがあります。また色に関しても、強い色彩から淡い色調まで、デザインの種類と同じくらい多様なカラーバリエーションがあります。自然のモチーフに影響を受けた柄もあり、四季折々のペルシャの農民の様子が創造的に描かれています。また、宮殿や遺跡、またはサディ(イランで最も著名な詩人)の有名な詩やその他の哲学的解釈がデザインに使われる場合もあります。タブリーズ産絨毯は、本当の意味でそれぞれ独自の物語を語るものと言えるでしょう。

タブリーズ産絨毯は、非常に細い高品質のウールを使用して作られることから、細部まで表現することが可能です。シンプルな絨毯であってもノット密度は1平方メートルあたり40万ノットほどあり、これは他の多くのペルシャ絨毯よりもかなり高密度です。

絨毯の緻密さは見事で、細部には光沢を出すためシルクを使ったアクセントが加えられることがあります。これにより、絨毯はまるで命を吹き込まれたかのようになります。タブリーズ産絨毯には7cmあたりにおけるノット数を指す、「ラジ」と呼ばれる独自の単位があります。ラジが高いほど、カーペットの品質とノット密度は高くなります。

詳細を見る
表示方法 リスト

569件中 1 - 100 件表示

ページ
降順にする
表示方法 リスト

569件中 1 - 100 件表示

ページ
降順にする
Copyright © 2022 Carpet Avenue GmbH. 無断転用禁止