カシャーン

280 x 384 cm
手織り
個性的

ケシャンまたはカシャーンは、イラン中央部のイスファハーンとテヘランの間、カヴィール砂漠の近くに位置しています。イランで最も古い都市の1つで、かつてはシルクロードにおける重要な都市でした。


カシャーン産絨毯はペルシャ絨毯の中で最も有名で美しいものと見なされており、典型的な伝統ペルシャ絨毯と聞くと多くの人はカシャーン産絨毯の特徴を思い浮かべます。カシャーン産絨毯は、赤もしくは紺青のフィールド中央のメダリオンと、それを飾るアイボリーまたは赤のボーダーが典型的な特徴です。...詳細を見る

特別価格 ¥278,600 税込 通常価格 ¥398,000 税込
小売価格
¥716,400
  • 満足保証
  • 配送・返品無料
  • 30日間の返金保証
-30%

絨毯の色合いは、ご覧になる角度によって見え方が異なります。

その他の情報
商品番号CDR6160
制作工程手織り
サイズ280 x 384 cm
厚み11 mm
生産国イラン
年代オールド(20~50年)
経糸綿
パイルウール
ノット密度~ 160 000 / m²

ケシャンまたはカシャーンは、イラン中央部のイスファハーンとテヘランの間、カヴィール砂漠の近くに位置しています。イランで最も古い都市の1つで、かつてはシルクロードにおける重要な都市でした。


カシャーン産絨毯はペルシャ絨毯の中で最も有名で美しいものと見なされており、典型的な伝統ペルシャ絨毯と聞くと多くの人はカシャーン産絨毯の特徴を思い浮かべます。カシャーン産絨毯は、赤もしくは紺青のフィールド中央のメダリオンと、それを飾るアイボリーまたは赤のボーダーが典型的な特徴です。そのほか典型的なオリエンタルカーペットのイメージに総柄のデザインもありますが、これもまたカシャーン産絨毯の特徴のひとつです。


ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館にある世界的に有名なアルデビルカーペットも、16世紀にカシャーンで作られたと考えられています。 カシャーン産絨毯は高いノット密度をもつ非常に人気な絨毯で、砂漠の町サブゼバールで作られる高品質のウールによって作られます。サブゼバールの水は銅の含有量が高いため、ここではイランで最高品質のウールが生産されています。世界恐慌の始まりによってウール市場が崩壊するまでは、イランの最高級絨毯を作るため英国マンチェスターから輸入されたメリノウールが使用されていました。


これらの美しく印象的な絨毯は世界中で高い信用を得ており、職人の力量と伝統的なペルシャ絨毯の高さを窺うことができます。

ご連絡ください
お問い合わせいただければ、可能な限り早くお返事させていただきます。
CDR6160に関連する商品

サマーセール 最大60%オフ

ギャッベ

Copyright © 2022 Carpet Avenue GmbH. 無断転用禁止