ギャッベ ロルバフ

150 x 194 cm
手織り
個性的

‌「ギャッベ」とは古代ペルシア語に由来し、「未加工の、ありのままの、切られていない」という意味があります。シンプルかつミニマルなデザインで人気のこれら絨毯は、自然からインスピレーションを受け、装飾が控えめなことが特徴です。 ギャッベは高品質のウールを使用して手で織られ、おそらくすべての手織りのオリエンタルカーペットの中で最もよく知られています。他の手織り絨毯に比べてパイルが厚く最大2.5 cmの厚さがあるため、非常に柔らかく快適な歩き心地です。音をよく吸収してくれ、どのお部屋や環境にもよく合います。 もともと...詳細を見る

特別価格 ¥193,800 税込 通常価格 ¥228,000 税込
小売価格
¥410,400
  • 満足保証
  • 配送・返品無料
  • 30日間の返金保証
-15%

絨毯の色合いは、ご覧になる角度によって見え方が異なります。

その他の情報
商品番号CDR6962
制作工程手織り
サイズ150 x 194 cm
厚み19 mm
生産国イラン
年代オールド(20~50年)
経糸ウール
パイルウール
ノット密度~ 90 000 / m²

‌「ギャッベ」とは古代ペルシア語に由来し、「未加工の、ありのままの、切られていない」という意味があります。シンプルかつミニマルなデザインで人気のこれら絨毯は、自然からインスピレーションを受け、装飾が控えめなことが特徴です。 ギャッベは高品質のウールを使用して手で織られ、おそらくすべての手織りのオリエンタルカーペットの中で最もよく知られています。他の手織り絨毯に比べてパイルが厚く最大2.5 cmの厚さがあるため、非常に柔らかく快適な歩き心地です。音をよく吸収してくれ、どのお部屋や環境にもよく合います。 もともとギャッベは、カシュガイ遊牧民が作るペルシャギャッベから始まり、その素朴な魅力とシンプルさで大きな人気を得ました。インドの織り手はすぐにこれを取り入れ、独自のインドギャッベを作り始めました。さらに、ギャッベ・カシュクリと呼ばれるギャッベも存在します。これはペルシャギャッベの一種ですが、古典的なペルシャギャッベに比べ、パイルが短くノット密度が高いのが特徴です。 ペルシャギャッベは一般的にインドギャッベより品質が優れています。ペルシャギャッベの方が柔らかく耐久性があり、使用されるウールも高品質です。 この二種類を判別するのは難しくなく、その違いは価格にも表れています。

ご連絡ください
お問い合わせいただければ、可能な限り早くお返事させていただきます。
画像の文字と数字をご入力ください。
CDR6962に関連する商品

秋のセール 最大60%オフ

ギャッベ

Copyright © 2022 Carpet Avenue GmbH. 無断転用禁止